さよならアンナ

昨日の17時20分、腎不全で闘病してた猫、アンナは天国へと旅立ちました。

多分、前から腎不全であったろうに、気付いてあげられず、病院に行ったときは、ステージ4だったと思います。


9日間の入院でも改善されず、家でも毎日、点滴に通い、延命をしていました。

それでも改善されず、亡くなる2日前に、治療を辞めました。

治療を辞めると2日間しか持たないだろうとは言われていました。


動物と話しができる方と話して頂いたら、アンナは延命を望んでいなかったようです。

自然に逝きたかったようです。

辛かったろうに、延命をしてしまっていました。

よくなることを願って。


でも、アンナは、何回ものお迎えが来ても復活し、死にかけても戻ってくることを数回やってくれました。

すごい生命力です。

食事もしてなかったので、最後は2キロもあったかどうか分からない体重で、骨と皮くらいしかなく、そんな小さい身体で頑張ってくれました。


13歳半くらいだったと思います。

今いる中で、一番長い付き合いの子でした。

でも、ちょっと早かったかなって。

もっと一緒にいたかったな。


アンナの闘病した勇士を観てあげてください。





19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示