映画『テッド・バンディ』

今日は、無気力ながら調子もそんなに悪くなかったので、映画が観れた。


実在した殺人鬼のお話で、『テッド・バンディ』。

殺しの様子とかが主なのかなと思っていたら、そういう描写はほとんどなく、恋人とのやり取りとか裁判の様子が主だった。


でも、なかなか面白かった。


結局、女性30人殺害し(余罪はあると見られるらしい)世界初だったかな、裁判の様子をテレビで中継するといった事をやったらしい。

最後にテレビに流れた様子も写していた。


私は、ホラー映画(心霊系以外)が好きで、ホラーばかり見るんだけど、今回はホラーって感じではなかった。


次は、感動モノが借りたいと思って、感動系2本にしたけど。

なかなか観られなかった映画(DVD)が観れてよかった。


無気力には、映画とかいいかもしれない。

私は、TSUTAYADISCUSで借りてるから、今度、届くのは月曜かな。

楽しみ♪


映画もどんどん観ていきたい。


明日は、高校生のときから好きなバンド、『ホブルディーズ』のCDが届くから楽しみである。





8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
 

購読登録フォーム

©2020 by haRuのバステト工房。Wix.com で作成されました。